2011年05月06日

伝統的工芸品産業事業者の魅力を伝える知的資産経営報告書作成事業者を公募しています

 株式会社迅技術経営もちや事業部は、石川県の「民間提案型継続雇用創出事業」
(ふるさと雇用再生事業 重点戦略:競争力のある元気な産業づくり)の委託事業
として、石川県内の伝統産業36業種に該当する企業の魅力や価値を棚卸した知的資
産経営報告書(以下、「報告書」とします)を作成しております。知的資産経営は、
現在経済産業省が推奨している経営手法のひとつであり、財務情報では無い企業の
見えない資産に焦点を当てたものです。この事業を通じ、県内の伝統産業事業者が
弱みを克服して成長することが期待されます。
 平成23年度は、昨年度に引き続き12社の報告書を作成する予定であり、今回、
対象事業者を公募することとなりました。事業者の費用面の負担は無く、3名の専門
家(中小企業診断士、行政書士、弁理士)がチームを組んで報告書を作成いたします。
 公募要領については、http://www.g-keiei.com/densan.pdf をご覧ください。
 なお、昨年度に作成した3社(桐本木工所、仏壇の山本、九谷作田)については、
一般財団法人知的資産活用センターの知的資産報告書開示事例に掲載されておりま
すので参照いただけると幸いです(URL http://www.jiam.or.jp/CCP013.html)。

公募期間は平成23年5月9日から6月3日となっております。

応募方法は公募要領についている別紙1を株式会社迅技術経営にお送りいただくだけ
です。

皆様の応募お待ちしております。




posted by もちや事業部 at 22:04| Comment(0) | 知的資産経営報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。